アラフォー女子はメイクの厚さにも気をつけなければ!

- Category - メイク

メイクをすれば、人の印象は大きく変わります。整形なんかしなくても、メイクの仕方のいろいろなバリエーションを学んだり、アイプチやつけまつ毛など小道具使いに成通することで別人のような顔を手に入れることもできるのです。
でも最近気がついたことがあります。
どんなに美魔女を目指しても、どんなに高い基礎化粧品を使っても年を取るということは、肌が劣化していくということです。
ひと塗りで、ファンデーションが肌に水つくように乗ってくれていた時代は、どんなに頑張ってももう帰ってこないのです。
もちろん厚塗りしてしっかりメイクして、女優さんのようにライトの真下に立ったり、フラッシュを至近距離で当てれば写真写りはよく見えます。
でもやっぱり肉眼で見られた時に美しく感じてもらえるアラフォー女子のメイクは軽さが一番です。
シワとか肌のハリのなさというのは、メイクが濃ければ濃いほど目立ってしまうものです。
だから、メイク前に高保湿の化粧水で整え高保湿の下地を使い、光を乱反射できるようにラメ入りのフェイスパウダを叩く程度にしておくくらいが、実は一番綺麗に見えるのです。
アイメイクは濃い色は逆に暗く重く老けて見える可能性があるのでできるだけ明るめの色を使うのがオススメです。
二十代の時に身につけたメイクテクニックにいつまでも固執しないように、年に合わせてメイクを勉強することも大切ですね。